いーぷくんの興味探求

高校2年生のいーぷくんが興味あること気になったこと全部記事にしていきます!

聲の形を見た感想!現代の子供の人間関係が複雑描かれてる!

f:id:kuontan:20180916115615j:plain映画 聲の形』 ©大今良時講談社/映画聲の形製作委員会

お題「最近見た映画」

 映画『聲の形』をテレビでみた! 

一昨日の土曜日、24時間テレビが日テレで放送されてる一方、NHKでは映画「聲の形」が放送されていました。自分も前に一度見たことはありましたが、何と言ってもヒロインの西宮ちゃんが可愛かったのでついついもう一度みてしまいました(笑)いやぁ本当に彼女は可愛いですねぇ…普通あんな子が小学校にいたらいじめたりなんかしたりしないだろ!

    www.youtube.com

 映像でみてて人間関係の複雑化がわかる作品

今回の放送、我が家では家族みんなでリビングにてこの映画をみてたんですが、お父さんがふと『うわぁ〜気持ちわる。』といいました。どのシーンだったかは僕もよく覚えてないんですけど、やっぱり印象的だったのは川井みきちゃんの悲劇のヒロイン感というかなんというか、植野ちゃんも悪い印象でしたがなんとも憎めない感じ。映画をみてて「なんだかなぁ〜」という気分にさせられました。みなさんはこの作品をみてどう思ったでしょう?この作品自体は聴覚障害を持った女の子を中心にして描かれてますが、その他にも色々と感じるものはあったと思います。個人的に一番気になったのがなんといっても人間関係。私のお父さんが気持ち悪いと思ったように皆さんの中にもあれを気持ち悪いと感じた方は多かったのではないでしょうか?声をうまく出せない西宮ちゃんを植野ちゃんが散々罵倒したり、川井ちゃんがいじめの責任を自分のことは棚にあげ所謂悲劇のヒロインのように主人公の石田に全て押し付けたり。一見オーバーに描かれてるように思えるかもしれませんが、僕が過ごして環境の中にもこれと似た場面が何度かあったと思います(一応今高校生やってるので)僕もそういう環境に常に置かれてますので実際にはもっと色々なことが周りで起きてたかもしれません。やっぱりでも人間関係って複雑化してるのかも。お父さんによると昔の映画はこんな感じの人間関係がでてくることはなかったらしい。

感じるものは様々だとおもうが、映画に抱いた感情を翌日も忘れず日常においてふと思い出してほしい

僕が思うにこの映画をみて様々な感情をみなさん抱いていると思います。学生の諸君は特に色々感じたでしょう。とくにキャラクターの性格などに対して。この感情を翌日になったらただ忘れていくのではなく、映画のキャラクターの性格を自分または周りの人々に投影してみると、自分の日常でもなにか気づくことが出てくるのではないのでしょうか?ということで僕の初投稿でした。よければ僕のツイッターもフォローお願いします