いーぷくんの興味探求

高校2年生のいーぷくんが興味あること気になったこと全部記事にしていきます!

実は超便利知識の泉 Google Scholarを使ってみて 

f:id:kuontan:20180916114443j:plain

みなさんどうもーいーぷくんでーす。

実は今日、はじめてGoogle Scholarっていう論文検索のサービスを使ってみたんですけど、それが便利すぎたので(1日だけ使った感想ですが)少しご紹介します。

 

まぁ結論からいうと、もっとこのサービスが大学とかで研究をしてるような人以外にも広まってほしいと思いました。この論文の検索エンジンを使えば、膨大な知識を手に入れることができます。はい。ま、こんな下手くそな文章でまとめても伝わらないと思うで一つずつ順に説明していきます。

Google Scholarって?

google scholarと言われてもピンとくる人はあまりいないでしょう、名前だけは知ってると思いますが(グーグルの上部のサイドバーにありますね)

Googleは検索エンジンで知られていますが、その検索エンジンは検索エンジンでも、論文の検索をするのに特化したサービスがGoogle Scholarです。名前の通り研究する人のためのサービスですね。これを使いば様々な研究のデータが得られます。

https://scholar.google.co.jp ←ちなみにリンクはこちら

その論文数は膨大で、探せばいくらでも資料がでてきます(しかもタダ)

↓どうやら通常は大学で卒業論文を書く時などに活用されてるみたいです

 

www.yosshimusic.com

タダで膨大な研究データを得ることができる

このグーグルスカラー、こんなたくさんの資料を閲覧することができて、しかもタダなんです(当たり前っちゃ当たり前な気もするが)いやーしかし、本を買うにしてもお金はかかりますからねぇ〜こういうとこからデータを閲覧できるのは非常にありがたいものです。

僕が使ってみた感想と高校生にもおすすめしたい理由

というわけで1日使ってみたわけです!ちなみに僕が読んだ論文は社会心理学に関する話でした(めちゃくちゃおもしろかった)本当にただなのがビックリです。はい。

なんとPDFにして、ファイルをダウンロードすることだってできますしね。

日常での「なんで?」を簡単に学問的に調べようとすることができるというのは非常に便利です。これからはバンバン「なんで?」を「なるほど」に変えていきたいですねw

そして僕が高校生になぜこれを勧めたいかというのも結局は、これなんです。

最近の高校生はSNSばっかりやって、知識を得ようとしていない気がします(少なくとも僕の身の回りでは)知識を得られないのを学校のせいにすることは簡単ですが、そんなことをしても自分は進歩しません。これを使って知識を得ればいいんです!このGoogle Scholarで!高校生がみんな「なんで?」と思ったことに対して答えを求めるようになればいいんですけどねぇ〜

もっともっとこのサービスが浸透してほしいものです。