いーぷくんの興味探求

高校2年生のいーぷくんが興味あること気になったこと全部記事にしていきます!

皮膚科で貰える「デフェリンゲル」は本当に効果があるのか 正しい塗り方を解説

f:id:kuontan:20180916234404j:plain

ニキビを理由に、皮膚科に行くと処方されるのがデフェリンゲルという薬です。

医者には毎日塗り続ける必要があると言われるますが、果たして実際にその効果はあるのでしょうか?

また、この薬は塗り方が少々複雑で分かりにくいです。

僕がこのニキビを実際に塗ってみて現れた効果と正しい薬の塗り方を、

今回はご紹介したいと思います。

皮膚科で処方される塗り薬のデフェリンゲルってどうよ? 

ニキビに悩み、皮膚科に行き薬をもらおうとすると、ほぼ確実にこのデフェリンゲルが処方されます。

この薬は肌のピーリングを活性化をさせて、肌の新陳代謝を促すものです。

僕もこの薬を処方された際にニキビの薬に関して一通り調べてみましたが、

皮膚科で処方される対ニキビの薬の中ではこれが一番効くみたいです(今から僕が使ってみた感想を書くんだけどね)

思春期ニキビの僕が2ヶ月ほど塗り続けてみて

という訳で僕も何ヶ月前に皮膚科に行ってきてこの薬をもらい、塗り続けているわけですが、最初に言っておきましょう、肝心のニキビの数は………減ってます…! 

とはいっても完治したような状態では全然なくて、最初に比べて少し肌がツルツルなったぐらいです。

思春期ニキビに対しては完治まではいかなくとも大幅に数を減らすことはできます。真っ赤の状態からポツポツ程度です。

ただ、期待していた粉瘤には効きませんでした(粉瘤で悩んでて受診してるのにニキビの薬渡されてもなぁ…)

大切なのはやはり毎日欠かさずに塗り続けることみたいです(ここらへんはブログとにてますね)

1ヶ月目はあまり効果を感じることができませんが2ヶ月目に入ると割と綺麗になる感じです。

実際には薬の効果は3ヶ月間塗り続けないと現れないです。

薬の正しい塗り方

実はこのデフェリンゲルを処方される時には決まって他にいくつか一緒に薬を渡されます。ちなみに僕の場合はナジフロクリームという塗り薬が出ました。

f:id:kuontan:20180917001211j:plain

ナジフロクリーム殺菌をして、ニキビの炎症を抑える薬なのですが、僕は一緒に化粧水を塗るのをお勧めします。乳液もあればもっと効果的です(僕もここまではやっていませんが)

病院でも薬の塗る順番などの説明はありますが、わかりにくいので僕が説明をしましょう。薬を塗る順番は基本的に↓

  1. 化粧水
  2. 乳液
  3. デフェリンゲル
  4. ナジフロなどの抗菌剤

でぬっていきます。洗顔後は肌が乾燥してしまうので化粧水を最初に塗ることによって肌の潤いを保つことができます。その後乳液を塗り今度は油分を保つ訳です。これらは基礎化粧品なので最初に塗ります。そのデフェリンゲルを塗ってナジフロを塗ります。

病院でこの説明を受けた時は重ね塗りをするかよくわからない部分があったのですが、どうやら全部上から塗っていくみたいですね。(つまり重ねて塗っていく)

これが正しい塗り方です。

プロアクティブなどと比べてみて

僕はプロアクティブも使ってみたことがあるのですが、男の僕はあまりこのでフェリンゲルとの差が感じられませんでした。というかむしろこっちのほうが効いている気さえします。

プロアクティブ月に5000円以上もして高額ですが、デフェリンゲルは2000円で2ヶ月以上は持つので、こちらのほうが経済的だとは思います。

正直、洗顔後に化粧水と乳液とこれらの薬をぬっとけば普通であれば綺麗なツルツル肌になると思います。

ニキビに悩んでるいるのであれば、みなさんも高額な化粧品を買う前には皮膚科に行きこの薬をコツコツ塗ってみましょう。

ではまた次の記事であいましょう🙌