いーぷくんの興味探求

高校2年生のいーぷくんが興味あること気になったこと全部記事にしていきます!

リスクだらけの奨学金、ホントに返せる? その危険性を僕が説明しましょう

f:id:kuontan:20181008152512j:plain

 周りに流されてあなたも奨学金を借りて大学に通おうとしていませんか?

でもちょっと待ってください、それは奨学金じゃなくて借金です。

奨学金といえば聞こえはいいのですが、実際には利子まで払って全額を返済をしないといけないので実際には家や車を買うときのローンと同じです。

この奨学金の危険性を理解しないままお金を借りるのは危険すぎます、この記事ではそんな奨学金を借りてしまうと最悪どのようなことが起きるのか僕が説明します。

その奨学金って借金なんだよ?

 

 奨学金制度はその申込基準の低さから今では大学生の二人に一人に利用者がいると言われるほど多くの人がこの制度を利用しています。

家計の収入が少なく、大学に通うための学費がまかなえない人はこの制度に頼って進学する場合が多いでしょう。

大学に入る前は多くの人がこの制度を利用しますし高校の先生が勧めてくる場合も多く、気軽に利用をする人が多い思います。

ところが多くの人があまり意識をしていないのが、この制度の本質は借金であり卒業に返済をできる保証がどこにもないということ。

借金を返せずに卒業後は自己破産で下手したら家族の人生までメチャクチャ

 そして近年は、大学に通うために借りた返済型の奨学金を返済することができずに自己破産をする人が増えており社会問題と化しています。

返済ができなくなってしまう理由は人それぞれですが、よく見られるのは大学卒業後に返済額が生活を圧迫し、生活費も合わせた支出が収入を超えてしまうケースです。

高校生の頃であればそこまで就職については意識をしないのかもしれませんが、卒業後に条件の良い会社に就職をできるという保証はどこにもないのです。

条件のいい会社に就けない以前に、その就職活動がうまくいかずに会社に勤めることさえできない人だっています。

簡単に考えられている奨学金ですが、その裏にはこんなにもリスクがあるのです。

なによりも怖いのが、借金を返せなくなり、自己破産申請をしたときに両親が保証人になっていると家族にも返済気義務があるため一家で破産をしないといけなくなってしまう場合もあるということです。

ここまでくると個人の人生だけでなく家族の人生もめちゃくちゃぐちゃぐちゃです。

www.nhk.or.jp

www.asahi.com

奨学金を返すために風俗で体を売って働く

 これは最悪のケースですが、自己破産をせずにどうしてもお金を返そうとする時、大学で遊び呆けて大した能力もなく働き先がない人に出てくる選択肢は水商売です。

男性ならホスト、女性ならキャバクラやデリヘルそしてソープランドこんなところでしょう。

男性で水商売という発想をする人は少ない上、実例としての数も女性のほうが多いですので、ここでは女性のほうに注目をして話を進めていきたいと思います。

キャバクラとデリヘルやソープランドでは体を売った方が時間もかかりませんし条件もいいです。

お金を返せなくなった場合、女性ですと最悪体を売っていきていくことになるのです。そこで働けば借金は返せると思いますが、風俗で働いていたとなるとそのあと人生に影響が出てきます。

借金を返し終わった後にまともな企業への就職することは難しいです。

すると、また同じ世界で生きていくことになりますが年を重ねればその世界でも収入を得ることは難しくなり、結果として生活保護を受けながら社会のドン底で肩を竦めながらいきていくことになります。

gendai.ismedia.jp

借りるなとは言わないが卒業後の進路に確証がある時だけ利用しましょう

 奨学金制度はそのリスクも大きいですが、事実としてお金がない人を下克上させてやろうという夢のある制度でもあります。

学費を支払えずにいる人たちにチャンスを与えるという発想は確かに素晴らしいものだと思います。

しかしいくら奨学金とは言っても本質は先に言った通り、ローンや借金と一緒なのでリスクも多いのです。

僕が言いたいのはリスクを理解せずにお金を借りてしまうということだけは絶対するなということです。

お金を借りれば必ず返さなければなりませんので奨学金を借りるときには勉強してなるべく上の就職に有利な大学を目指すといった努力は必要だと思います。

返済型だけが選択肢ではない

 高校生であまり情報収集能力がないと、貧乏家庭から大学にいくために奨学金をかりることでしか通う道がないと思ってしまいがちです。

しかし実際には国立大学にも成績によって付与される給付型奨学金や、JASSOがやっている生活が苦しい家庭に向けた給付型奨学金制度など、様々な方法があります。

私立大学などでも成績によっては学費が全面になるところ半額になるところがありますので私立が高いというのはイメージに縛られずそちらにも目を向けてみましょう。

大学に通うとなれば少なくとも200万円、生活費を合わせる500万円ほどかかります、それらを後の人生で働いて返そうと思ったらお金を稼ぐというのは簡単なことではありませんのでかなりの時間がかかってしまいます。

返済型を選ぶ前にまず他に道はないのか調べることはとても大切だと思います。