いーぷくんの興味探求

高校2年生のいーぷくんが興味あること気になったこと全部記事にしていきます!

早稲田大学と慶応大学が返済不要の奨学金で国公立大学よりも学費が安くなること知ってた?

f:id:kuontan:20181008180841j:plain

早稲田大学と慶応大学、私立だからって学費が高いと思って敬遠していませんか?

しかし実はこの大学、とてもオイシイ奨学金制度があり、地方生であれば4年間の学費を国公立大並の学費で通うことができるのです。

 僕は今鹿児島に住んでおり、早稲田大学か慶応大学どちらに通いたいなと考えているのですが、同じの高校の友達にそのことを伝えると「学費高いよー、お金持ちだね」とか言われるます。

「そんなこと全然ない!我が家の家計収入平均より全然下だし!というか早稲田と慶応って返さなくてもいい奨学金があるんだよ!」

はい。というわけで一流の私立大学にいきたくても学費が心配で国立に変えようとしている方達のためにこの大学の奨学金制度の素晴らしさをお伝えしたいと思います。

ちなみにこの奨学金に関する情報は私が直接オープンキャンパスに行ってきて早稲田の教職員の方に聞いた情報ですので信憑生は高めだと思います。。。

早稲田大学編.めざせ!都の西北奨学金

それではまずは早稲田大学からご紹介しましょう。

「めざせ!都の西北奨学金」は、首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)以外の国内高等学校出身者で、学業成績が優秀であるにもかかわらず家計の事情で早稲田大学への進学を断念せざるを得ない受験生を対象にした奨学金です。

  つまりは、東京・神奈川・千葉・埼玉 以外の都道府県から通う生徒を対象とする奨学金です。一定の資格を満たせれば事前に申請をして簡単に採用されます。

気になる奨学金額は半期分の授業料相当額でこれが4年間継続されます。

僕が政治経済学部でこの奨学金を受けた場合の4年間の学費を計算してみたところなんと210万円という結果になりました!(他にも色々とかかってくると思うので300万超えないぐらいが目安だと思います)下手したら国立大学より安くなりますw

この奨学金の何よりも素晴らしいところが入試に受かってしまえば内申書関係なく確実に採用されるというところです(これを知らないで推薦入試と同じぐらいの難易度と勘違いしている人が多すぎる)

ちなみに僕がオープンキャンパス行った時に早稲田の教職員の方にお話を伺った際に「僕、平均評定2.5ぐらいなんですけど大丈夫ですかね?」と聞いてみたところ「受かれば大丈夫」とのことでした。

申請資格と申し込み時期

それではその申請資格にはどのようなものが含まれているのでしょうか?

引用ですが、2019年度の申請資格以下の通りです。

 

  1. 2019年度入学試験を次の入試形態で受験する者。・一般入学試験(英語4技能テスト利用型を含む)・大学入試センター試験利用入学試験・自己推薦入学試験・アスリート選抜入学試験・新思考入学試験(地域連携型および北九州地域連携型推薦入試)・公募制学校推薦入学試験(FACT選抜)・その他総合選抜型(AO)の入学試験※他大との併願可。※複数の入試形態で受験する場合でも、奨学金の申請は一度で構いません。
  2. 日本国籍を有する者、特別永住者の資格を有する者または出入国管理及び難民認定法の別表第二に規定される在留資格(永住者、定住者、日本人(永住者)の配偶者・子)を有する者。
  3. 次のいずれかに該当する者首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)以外に設置された通信制を除く国内高等学校もしくは中等教育学校の出身者、または首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)以外に居住する者で通信制高等学校の出身者。

     

    1. (注)専修学校の高等課程修了者、高等専門学校3年次修了者を含む
    2. 高等学校卒業程度認定試験(旧規程による大学入学資格検定を含む)合格者及び2019年3月31日までに合格見込みの者で、高卒認定試験合格時に首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)以外に居住する者
  4. 上記の学校を2019年3月卒業見込みの者または2018年3月以降に卒業した者(高卒認定者は1999年4月2日以降生まれの者)
  5. 父母の「最新(平成29年中)の所得証明書」記載の収入・所得金額を合算した金額が以下の者給与・年金収入金額(控除前): 800万円未満その他、事業所得金額: 350万円未満 

 

  簡単にまとめると首都圏以外の生徒で入試に合格し、かつ家庭の控除前の給与所得の合計が800万未満であれば資格を満たしたことになります。

この条件であれば地方で奨学金を必要とする家庭ならば満たしている方がほとんどなのではないでしょうか?

これらの条件を満たした上で入試前の申請期間内に申請書を提出すれば申請が受理されます。詳しくはコチラをごらんください。

www.waseda.jp

慶応義塾大学編.学問のすヽめ奨学金

さて、お次は早稲田大学とならぶ慶応大学の奨学金を紹介しましょう。

慶応大学のこの奨学金も基本的には早稲田大学の「めざせ!都の西北奨学金」と同じで、地方でお金がないけど学力が優秀な生徒を対象とした奨学金です。

ちなみに申請が受理されれば年間で60万円(医学部90万薬学部80万)が支給されます。早稲田の奨学金と違うのは奨学金を受けられる家庭の給与所得の上限が1000万円というところぐらいです。

ただこちらのほうが早稲田の奨学金よりも採用候補者が少ないですね。

www.gakuji.keio.ac.jp

 まとめ

というわけで二大私立大学の奨学金を今日は紹介してみました(慶応は結構端折っちゃったけど)東京の私立大学ですから地方に住んでいる方は学費が高いというイメージを持つかもしれませんが、実際にはこのような奨学金が充実しており下手すれば国公立大学よりも安くすることができるかもしれません。

もしこれらの大学に学費を理由に受験を諦めていた方にこの記事が役立てば幸いです。くれぐれもみなさん返済型のアブナイ奨学金には注意しましょう!

www.ipu-kyomi.com