いーぷくんの興味探求

高校2年生のいーぷくんが興味あること気になったこと全部記事にしていきます!

スマホで簡単 料理の写真を少しの工夫で美味しそうに撮る方法

f:id:kuontan:20181020101305j:plain

料理を作ったり、外食に行ったりすると誰かに写真を撮って自慢をしたくなります。けれども、いざ自分のスマホで写真を撮ってみると実際に目の前にある料理とイメージが違った写真になってしまうことも…料理の写真って実はちょっと意識を変えるだけでスマホでも凄く美味しそうに撮れるんです。今回はどうすれば料理の写真を綺麗においしく撮れるかご紹介します。

なぜいつも綺麗に撮れないの?

 なぜいつも自分が撮る食事の写真は美味しそうに映えないのでしょう?

多くの人が失敗する理由は写真の構図です。というかこの構図がすべてを決めます。

構図というと難しく聞こえますが、料理の写真というのは大体テンプレートの構図が決まっていますのでこれを少し意識するだけで写真が一気に映えるようになります。

料理を端に寄せて撮ってみよう

これをするだけで料理は一気に映えるようになります。

実はこれ、よく言われる三分割法という最も代表的な構図なのですが、写真を3×3に区切り、どこかに寄せることによって被写体の存在感が出るようにするんです。

   f:id:kuontan:20181020094535p:plain

料理であれば、左右のグリッドの交差点のどこかに被写体を置くことで存在感が増し、さらに立体がある美味しそうな写真を撮ることができます。

f:id:kuontan:20181020095507j:plain

例えばこの写真、ただのカップラーメンなのに右の寄せて撮るだけで立体感が増し美味しそうに移っていますよね?この一手間が料理を美味しそうに撮るコツなのです。

料理の写真を撮る時、多くの人が失敗するのは日の丸構図と言われる被写体を真ん中に置いて撮るというところに原因があったんです。

初心者であればとりあえずは端に寄せる方法で撮ってみましょう。

ピントを料理に合わせて背景をボケさせよう

これも料理を美味しく写す、一手間工夫です。

例えばこの下の写真、よくみてみると手前の料理の方にピントが合っていて後ろの背景はボケていますよね。

もちろん写真構図は三分割法で料理を端に寄せて撮っています。

スマホのピント機能は自分がピント合わせたい被写体をタップすれば自動的にスマホがそこにピントを合わせてくれます。

こうすることで背景がボケてさらに立体感のある写真が出来上がりますね。

f:id:kuontan:20181020100208j:plain

まとめ

結局、みなさんに意識ほしいのが、日の丸構図で料理を撮るのをやめて料理を端に寄せて撮るということです。スマホって手軽に写真が撮れるので何も考えないでシャッターボタンを押してしまいがちですが、このように少し構図を意識をするだけで写真が印象に残るようになります。

明日からみなさんも三分割法を使って料理を撮ってみてはどうでしょうか?

あ、ピントを合わせることも忘れずに…