いーぷくんの興味探求

高校2年生のいーぷくんが興味あること気になったこと全部記事にしていきます!

【受験って楽だよ】高校受験は一番コスパがいい!成績が悪くても諦めてはいけない理由

f:id:kuontan:20180916123406j:plain
高校受験で志望校に成績が全然達しなくて、伸び悩んでいませんか?

受験というのはなかなか厳しい道のりで、頑張っても頑張っても伸びない時だってあります。

今日はそんなアナタを鼓舞するため僕が高校受験を頑張るメリットというのを全力で書き残しておきたいと思います。

この記事を読んでまた明日から勉強をがんばってみてください。

 高校受験は楽だよ

中学生のうちは高校受験が勉強ばかりですごく厳しい道のりだと、どうしても思ってしまいます。

しかし実際に高校に合格してその高校で勉強をしてみると、その勉強の大変さというのは高校受験で経験した苦労以上のものであったりすることもあります。

そして高校に進学すると次なる目標は大学進学に移ります。

この大学受験というのは高校受験の何倍もの苦労が必要なもので、おそらく1年間に12時間ぐらい勉強することになります。

一方高校受験は1日に5時間ぐらい勉強しておけばそこそこの進学校には受かります。

高校受験というのは大学受験に比べればすごく楽なものなのです。

高校受験はコスパがいいんです

僕が高校受験を中学生のみなさんに最後までがんばってほしい理由はここにあります。

コスパとは言っても、色んな意味があるのですが、僕が大きく伝えたいのがお金の問題です。

高校受験をする時選択肢にでてくる高校というのは大きく二つに分かれます。

一つ目が「職業系」二つめが「進学系」です。

この職業系に進むか進学系に進むかでアナタの人生は大きく変わってきます。

職業系に進む上で一番アナタが知っておくべきことは、ここに進めば生涯賃金が進学系に大きく劣ってしまうということ。

つまりは社会に出れば進学系の奴らにナメられるということです。

また二つ目に大学という課程をすっ飛ばすことによって社会に出る猶予期間が減り、遊べる時間が大きく減ってしまうということです。

大学にいけばキャンパスライフと言って、4年間バイトしながら学生という身分で遊び呆けていられます。

でもその裏で職業系の子達はがんばって仕事に出かけているのです。

僕が知ってほしいのは高校の学費問題です

公立の高校受験に落ちたものが行き着く先は私立の高校です。

この二つの高校には大きな学費の差があります。

公立の場合、月「1万」で済むのですが、私立に行くと「5万円」ほどかかってします。この差は3年間で計算すると「144万円」にも及びます。

大学に進むのであれば4年間で300万円は覚悟しなければなりません。

ということであれば私立に行くよりもちょっと勉強して公立に行った方がいいということは明白です。

また、私立の高校というのは奨学金制度というのを設けているところが多いです。

この奨学金制度というのは学力が優秀な生徒には学費の免除をしてくれるというものです。

しかもこの免除学がなかなかおいしくてですね。5万円が2万円やら1万円になるですよ。しかも場合によってはタダになったりもします。

例え、公立に落ちたとしても勉強をしておけば学費が安くなるんです。

ここまでお得な受験は小中高大の中でも一番コストパフォーマンスが優れています。

どうだったでしょう?すこしは勉強する気になりましたか?

みなさんもがんばって勉強して志望校に合格しましょう!!