いーぷくんの興味探求

高校2年生のいーぷくんが興味あること気になったこと全部記事にしていきます!

田舎暮らしの人間関係も大変だよ お母さんが大家さんから痴漢を受けた話

f:id:kuontan:20181124231237j:plain

田舎暮らしはいいけど、人間関係も大変なんです。

僕のお母さんなんて大家さんから痴漢されてたんですよ!大家さんから!

イイこともあるしワルイことだってある田舎暮らし、

今日はそんな田舎の人間関係の話をしていきたいと思います。

田舎の人間関係ってめんどくさい

もう何年も前のことですが、我が家は一時期、過疎地域村で田舎暮らしをしていたことがありました(父親の趣味)

僕としては幼少期を田舎というちょっと違った環境で過ごすことが出来たということは大変感謝していますが、思い返してみれば田舎の人間関係もまた非常にめんどくさいものでした。

痴漢に会うわはイジメの冤罪に会うわ、

人間関係絡みでめんどくさいこともたくさんありましたね。

Case.1 大家さんからの痴漢

田舎だからって人々がみんな大らかでのんびりと過ごせると思ったら大間違いです。

田舎には田舎のめんどくさーいしがらみがあります。

それこそボクのお母さんは我が家の家の大家さんから下半身を露出させるなどの痴漢行為を受けていました。

(しかも草ションするフリして!)

大家さんという立場を利用して若い女性にわいせつ行為を働くなんて酷すぎる!

ま、コレが田舎の現実であります。

他の住民の話によると昔はもっとおおらか(悪い意味で)だったようで、風呂の覗きなんて日常茶飯事だったらしいです。

まぁそれそれは楽しそうだけども、ボクの母ちゃんは被害にあってるんだー!

結局、ボクの父親がその大家さんの家に怒鳴り込みに言ったのですが、張本人はしらばっくれて知らないフリです。

(その後お母さんが痴漢されることはありませんでした)

Case.2 イジメの冤罪と相手側の母親の村からの追放

ある時はボクがイジメの加害者として冤罪を掛けられたこともありました。

相手側の親は所謂モンスターペアレントというやつで何かにつけて学校にクレームを言いに行きます。

結局この話は警察沙汰にまで発展し、

ボクは警察署で事情聴取を受けたりしました(あの時の警察官の目は怖かった)

というわけでボクにとってもスゴく災難な話なのですが、

この後もまたまた恐ろしい。

明らかな冤罪をふっかけたそのご家庭は村の人々からのバッシングを受け、

村に留まることが出来なくなり別の村に引っ越してしまいました。

なんとも恐ろしい話です。

そこはみんなで許してあげようよ^_^

なんて思ったのですが、あの美人のおばさまも口を開けばその家庭の悪口。

田舎暮らし、恐ろしい……

まとめ. 田舎暮らしの人間同士の距離は近いですね

結局、田舎暮らしっていいとこも悪いとこもあるからなんと言えないんですよ。

やっぱり都会と比べて人と人の距離が近いからね、人間関係も発展するのが早ければ悪化していくのも早いんです。

人と深く関わるのが苦手って人はやっぱ都会に住むのが一番いいと思いますよ。