いーぷくんの興味探求

高校2年生のいーぷくんが興味あること気になったこと全部記事にしていきます!

【超簡単】寝癖で鳥の巣になった髪の毛でも一発で戻せる方法

f:id:kuontan:20181202133451j:plain

朝起きた時に爆発してしまっている寝癖ってなかなか直せませんよね。

そんな酷い寝癖はいくら手で押さえてもまたハネてきます。

もう鳥の巣だと言われないためにも、

今日は五分できる簡単に寝癖がリセットできる裏技をご紹介したいと思います。

 

 

なぜ寝癖が発生するのか

実は、髪の毛には水に濡らすと結合分子が切れてしまうという性質があります。

これがどういうことかと言いますと、

例えば水に濡らした時の髪の毛って柔らかいですよね。

これは髪の毛の結合分子が切れている状態なんです。

通常髪の毛というのはこの分子が結合していることによって形を保っているんですが、水に濡らしちゃうとそれが切れて柔らかくなるんです。

また、髪の毛には結合が解けている状態で乾かすと分子の再結合がされるという性質もあります。

そして髪の毛の形というのはこの時固定されます。

濡れた髪の毛でもドライヤーで乾かしていくだんだんと形が戻ってきて髪の毛の硬さも元どおりなっていきますよね?

これも髪の毛を乾かすことによって分子が再結合されたということなんです。

自然乾燥でも同様に髪の毛の形は乾燥した時の形で固定されます。

つまり寝癖というのは濡れた髪の毛が寝ている間に乾いていって形がそのまま固定されてしまうことによって起きているんです。

爆発した髪の毛を一発で収めるには

上で説明したメカニズムを利用すればいくら髪の毛が爆発していようが簡単に直すことができます。

分子が結合していることで形が固定されてしまっているんですから、

もう一度髪の毛を濡らしてしまえばいいのです。

美容師の方が髪を切る前にスプレーで水をかけているのも形を一旦元どおりするためです。

そういうわけで僕が寝癖をなおすためにオススメするやり方としては、

爆発している髪の毛に思いっきり水をぶっかけてしばらく待ち、

その後ドライヤーで形を整えるというやり方です。

ただ、女性の方などは髪の毛が長い分、髪の毛を乾かす時間が取れないかもしれませんのでそういう時には蒸しタオルをかぶせておくというやり方もありです。

温度が高い分、結合が解けて髪の毛が柔らかくなるまでの時間も短くなります。

ただ寝癖って髪の毛全体が絡まってたりして髪の毛がハネちゃっていることも多いので、

酷い時は全体的に一回びしょ濡れになるまで水をかけてあげたほうがいいかもしれません。

というわけで寝癖に悩んでいる方はぜひコチラの方法を試してみてください。

驚くほど寝癖が治りますw