いーぷくんの興味探求

高校2年生のいーぷくんが興味あること気になったこと全部記事にしていきます!

留学に英語力は本当に必要なのか?英語力0で外国の学校に転校した僕ちんが語ります

留学するために英検何級とかそんなガチガチに勉強して身構える必要は決してないと僕は思います。

留学したいと思っている人は増えている中、中々行動に移せない人は多くが英語力が十分かどうかで悩んでいます。

今日は留学に十分な英語力がどのくらいのものでいいのか、

留学前からペラペラになっておく必要があるのか、

そんなことを話していきたいと思います。

留学するために英語ペラペラになっておく必要ってあるの? 

留学したいから英会話教室に行く!留学したいから英検何級を取る! 

というのは留学したいと考えている人なら多くの人が実践していることだと思いますが、果たして留学するためにそこまで入念に準備をする必要があるでしょうか?

確かに留学をするのだからあれば最初からある程度英語が出来ればスムーズに馴染めるだろうし、留学が英語を勉強するモチベーションに繋がるのであればそりゃ英語を頑張って勉強しといたほうがいいです。

僕ちんは場合は英語力0からのスタートでした

でも僕はそれが必ずしも必要なことではないと思います。

僕が外国の学校に転校した時(中2の時)僕の英語力と言ったら、学年ビリでBe動詞がなんなのかさえ理解できないような状態でした。

もちろんそんな状態でしたから転校した後は相当苦労しました、

それでも今は初期の状態からかなり上達して日本に戻ってきています。

何が言いたいかと言いますと、

留学するために完璧に英語を勉強する必要はないよ!

ということです。

ですから留学をするために英語を勉強するにしても、

ある程度覚悟を決めたらさっさと飛び立った方がいいんじゃないの?

と僕は思います。

実際どんぐらい喋れれば留学先で困らないものなの?

とは言っても、僕みたいに全く英語ができない状態からスタートしてしまいますと、やはりその分向こうでかなり頑張らないといけなくなります。

英語ができないまま留学先で友達もできずに何の成果もなしに日本に戻ってくるんじゃ、意味がなくなってしまいます。

先ほど、完璧に英語を勉強する必要はないよ!と言ったのは検定や英語力というものにこだわりすぎて留学したその先のことをあまり考えていないという人が多いな、

と僕が僕が感じているからです。

実際には確かに最初からある程度できたほうが、留学生活がスムーズにできますし、語学の問題で困るということも出来ないよりも格段に減ると思います。

じゃ、その必要十分の英語力ってどんなものなのかと。

はっきり言って日常会話程度でいいんじゃないのでしょうか?

俗にいう中学生レベルです。

いやいや、留学だよ?って思うかもしれません。

でも考えてみてください。

語学のために留学するんでしょ?最初からわざわざハイレベルな英語を身につける必要はないですよね、だって向こうで全部勉強するんだから。

しかも留学先の環境であれば圧倒的効率の差ではるかにスムーズに英語を習得できます。

そりゃ、最初は授業についていけないかもしれませんよ。

でもそういう時死に物狂いで勉強してこそ留学だと思うんです。

そうして会得した語学力って一生物だと思います。

結論.留学なんて思い立ったら覚悟を決めてさっさと飛び立て!

留学自体を夢にする人は僕の身の回りにたくさんいます。

でもその先を考えている人はなかなかいません。

留学を目標にしちゃダメです。

留学を手段にしましょう。

ですので行動に移すのもできるだけ早めにしましょう。

留学に必要なもの?

語学力なんかよりも覚悟のほうがよっぽど大事です。

向こうで死に物狂いでいきていく覚悟、これさえあれば絶対失敗しません。