いーぷくんの興味探求

高校2年生のいーぷくんが興味あること気になったこと全部記事にしていきます!

英単語が覚えられない?覚えられない単語を頭に叩き込む方法

この記事は主に英単語が覚えられずにいる高校生に向けて書きます

英単語がなかなか覚えられずにいる方、

ひたすら単語を書いていれば覚えられると考えていませんか?

実は英単語を覚えるためにはINPUT(入力)と出力(OUTPUT)という過程を踏む必要があります。

この二つの段階を効率的に進めることで英単語は劇的に覚えられるようになるのです。

今回はそんなINPUTとOUTPUTが何かということについて解説をし、英単語を簡単に覚えられるようにする方法を解説していきたいと思います。

INPUTとOUTPUTって?

まずは、INPUTとOUTPUTなんていきなり言われてもイマイチ理解することが出来ない方がほとんどだと思います。

このINPUTそしてOUTPUTは端的には、理解して覚える過程理解したものを実際に使ってみる過程と説明することが出来ます。

すなわち、覚える一連の過程というのはこのINPUT動作とOUTPUT動作に分けられるのです。

INPUTの例

言葉だけではわかりにくいですのでINPUT動作の例をいくつか挙げてみます。

  • 文字を何回も書いてスペルを覚える
  • 単語帳を眺めて単語の意味をチェックする
  • 教科書で文法の構造を理解する

こういった動作がINPUT動作の例としてあげられるものです。

OUTPUTの例

一方でOUTPUT動作の例にはこのようなものがあります。

  • 英作文をする
  • 赤シートで単語の復習をする
  • 問題を解く

英作文と単語の復習、そして問題の演習は一度覚えた記憶をもう一度思い起こして、行わなければならない動きですよね。

これがOUTPUT動作です。

勉強とスポーツの練習は一緒

スポーツに例えるとわかりやすいです。

いくら卓上でスポーツの上達方法を勉強したとしても実際に練習を積まなければ、本当に上達することは出来ませんよね。

勉強においても同じことが言えます。

理解したというだけでは使い方がわからないままなので、実際にその記憶が必要になった時にうまく思い出せなかったするのです。

この流れを理解すれば単語の記憶はより効率的に行うことができます。

学校で受ける授業は基本的にINPUT重視

 本来ならばこのINPUT動作だけでなくOUTPUT動作もこなしていかなければならないのに学校で習う英語の授業というのは授業という構造上、どうしても受動的なINPUT学習が基本となっています。

学校で文法や単語の意味を覚えることはあっても英作文をするというようなことはあまりやりません。

そもそも実際のテストで点を取れるようにするためには、ワードやフレーズをそのまま覚えるだけでなく、覚えた知識を必要とされる場面で引き出せるようにならなければなりません。

ですので学校で教わるやり方以外が決して正しいとは限らないのです。

僕がオススメしたい英単語の効率のいい覚え方

というわけで以上のことを踏まえて、英単語の学習をするわけです。

覚える⇨覚える⇨復習する⇨復習する

これが英単語を覚える一連の流れになります。

第一段階.単語に目を通して頭に入れる

まずは単語帳を眺めて意味とスペルをしっかりと把握します。

よくスペルが覚えられないからと書いて覚えようとしてる人がいますが、実際には眺めてるだけでも意外とスペルは覚えることができます。

ちなみに眺めてる時は発音記号をみて声に出して発音しましょう。

声に出して発音していくとだんだんと単語のつづりと発音の法則のようなものがわかってくるので、練習していくと発音だけで綴りが分かるようになってきます。

覚えるという作業が終われば、時間をおいて次は復習作業に移りましょう。

第二段階.OUTPUTをして単語の復習をする

ここでいう復習とはみなさんが想像してるような、単語を覚え直すというようなことではなく、上で紹介したようなOUTPUTをするということです。

問題を解いたり赤シートを使ったり、覚えた単語を使って英作文をします。

英作文とは言っても全然難しいことではないです、ただ覚えた単語で適当に文章を連想してみるのです。

Perspective(観点)ならば、

Every people have different perspective. (人によっていろんな見方がある。)

という具合です。そんなに難しい文章を作る必要はありません。

また、難しい単語は意味さえ分かるようになればいいのですが、基本単語は自分でも使えるようになっておかなければ入試の英作文には対応できません。

特に基本単語は入念に自分で文章を作ってみて定着度を高めましょう。

この復習(OUTPUT)を二回ほど繰り返せば完璧に単語を覚えることができるようになります。

OUTPUTのススメ.英単語アプリを使って効率よく復習をしよう

僕は英作文をやれとは言いますが全ての単語を英作文で覚えることはオススメしません。

たしかに英作文は知識の定着度を確実にあげてくれますが、少し時間がかかります。

英作文で覚えるのは基本単語、単語帳の800単語目あたりまでを目安にしましょう。

そしてそれ以降の単語を覚えるに当たって私がオススメしたいやり方が単語帳アプリです。

というのも、実は最近のスマホの単語アプリは機能が充実してきており、アプリによっては市販で販売されている単語帳と連動したものもあります。

こういったアプリというのは、だいたいが一問一答形式で単語の意味を答えていくのですが、これがOUTPUT学習に最適なんです。

スマホアプリは手軽に使えますので通学中の電車などでぽちぽちやっておけばあっという間に単語力が上がっていきます。

まとめ

今日はINPUT動作とOUTPUT動作を両方とも取り入れた勉強方法をご紹介しました。

冒頭でINPUT、OUTPUTと難しい言葉を使ったので分かりづらかったかもしれませんがどうだったしょうか?

この方法を意識して勉強をすれば、驚くほど単語スラスラ頭に入ってくるのでぜひ試してみてください。