いーぷくんの興味探求

高校2年生のいーぷくんが興味あること気になったこと全部記事にしていきます!

Final E3000をレビュー Finalに名前負けしない調和された音

f:id:kuontan:20190114150942j:plain
みなさんはどんなイヤホンを使っていますか?

僕は何ヶ月か前に使ってイヤホンが断線してしまったので、ここ最近ずっと5000円代で買えるイヤホンを探していたのですが、ついに見つけました…

そこで今回は僕が購入した「Final」が出しているE3000というイヤホンをレビューさせていただきたいと思います。

 1ヶ月間「E3000」を使ってみて

E3000は高級イヤホンを多く製造している「Final」という日本のオーディオ会社のエントリーモデルです。

Final社のエントリーモデルのイヤホンには「E1000」「E2000」「E3000」の3種類の製品があるのですが、「E3000」はこの中で一番価格の高い製品になります。

ネットでレビューをみてもE3000はかなり高い評価を得ているのですが、

実のところ僕がE3000の音を初めて聞いてみたときには「値段の割に音がこもってるな」というのが最初の印象でした。

エージング前の印象は微妙だったE3000ですが、数日間かけてエージングを重ねていくと音の質はまるで変わっていきました。

こもっていて迫力のない音はだんだんとクリアな質感に変わっていき、音一つ一つの粒を感じとることができるようになりまいた。

最初はただただフラットで平べったかった音も、エージングを重ねていくうちに臨場感を帯びていきました。

E3000の特徴

E3000のスゴイところはフラットで特徴のあまりに出づらいバランスタイプのイヤホンであるのにも関わらず、

高音域の音がキレイに伸びる上にボーカルの迫力を損なわずに低音域もしっかり上品に鳴らしているという点です。

ステンレスのハウジングを採用しているおかげで中高音域はセオリー通りの伸びがよくキレイな音質になっています。

さらにメッシュ加工された筐体背面が空気を取り込むために、低音域の響きがクリアで上品です。

低音域のバスを音を好む人は多いですが、低音域のバスを強調したイヤホンというのは通常、他音域の音が低音に負け曇った音になりがちです。

ビーツの音なんか聞けばわかると思いますが、低音のドスドス音に負けてボーカルの音が聞きづらかったり高音の伸びが足りなくなったり。

かといって高音域の伸びをよくしようとすると低音の迫力が足りなくなり、シャカシャカした音になってしまいます。

E3000はそこのバランスをうまく取れています。

バックサウンドの楽器の音を鮮明に鳴らしてくれつつも低音の響きは必要十分。

このぐらいの価格帯のイヤホンでここまでのクオリティが実現できているのはかなりスゴイです(同価格帯のオーテクのイヤホンなんかは聞く気にはなれないような音なのに)

まとめ.5000円代でイヤホンを探してるならとりあえずこれを買え!

何度も申しますが、この価格帯でこのクオリティを実現できているイヤホンはそうそうありません(中華イヤホンにもっとスゴイのがあるかもしれないけど

音質だけで言えば2万円代のイヤホンの音と同レベルだと思います。 

何よりも通常は高級ラインばかりを製造しているFinal社のイヤホンを手軽な値段で試すことができます。

Finalのイヤホンに興味はあるけど、高くて買えないよ…

なんて人にもオススメすることができます。

E3000、ほんとにコスパがいいので、ぜひぜひこれからイヤホンを買う人は検討してみるのはいかがでしょうか?